mamememo - まめメモ -

豆知識な自分用のメモブログです。


スポンサーリンク

au スマホで海外へ行くときは「世界データ定額」がオススメ

なんの縁かここ数年、年に1回くらいのペースで海外旅行へ行っています。 3年でフランス、アメリカと台湾へ行ってきました。

この海外で、どうしようとなるのが携帯電話、それもスマホのデータ通信をどうしよう? となります。

これがSIMフリーの端末を使っていれば現地か国内で「海外SIMカード」を購入して使う手もありますが、残念ながら自分が持っているのはSIMフリーでは無いauiPhoneでした。

trendy.nikkeibp.co.jp

そこで過去、フランスとアメリカへ渡ったときにはモバイルWIFIレンタルサービスの「グローバルWIFI」を借りました。
WIFIで繋がれば端末は選びませんし、複数の端末からも使えます。 事前に予約しておけば空港で借りて空港で返すことができるのも気楽です。
欠点があるとすれば荷物が一つ増えること、あと帰りの空港で返し忘れそうになることでしょうか。 特に日本に帰ってくる頃には疲れ切ってたりするので成田空港を出る直前に思い出して返しに行ったりもしました。

あと注意点があるとすると、スマホからはWIFIで繋がっているように見えるのでモバイル接続時の制限が適用されないことです。 いつもならオフになっているアプリや音楽のダウンロード、写真のアップロードの通信ががんがん流れて、いつの間にか通信容量が食い尽くされていたのはアメリカへ行ったときでした。

なんだかグローバルWIFIの宣伝みたいになっていますね。ここからが本題です。

あらためて自分のキャリアはauです。 そのauが昨年、2016年8月に始めた海外旅行向けのサービスが「世界データ定額」です。

www.au.com

海外へ渡航してから980円払うと、その時点から24時間データ通信を行うことができるサービスです。

もちろん無制限に通信できるわけではありません。
データ通信の容量は、いま日本国内で契約している月間データ容量から消費されます。海外で使うよ、というために1日「980円」かかることを除けば日本で(残り容量を気にしながら)通信するのと変わらないことになります。

データ容量が尽きた時は、これも国内にいる時と同じようにデータチャージをすることで回復することができます。

この料金体系が高いか安いかと聞かれると、けっしてお得な安さではありません。でもだからといって高くもありません。

台湾 1000〜1400円 / 日
フランス 1300〜1700円 / 日
アメリカ 1000〜1500円 / 日

上記は何社かモバイルWIFIの料金を調べてみた各国での相場です。 通信容量込みですが、auのデータチャージがだいたい「1G / 1000円」と考えれば、世界データ定額の方がちょっと高いかな? というくらいです。

実は「au STAR」という(なんでわざわざ別のサービスとして独立しているのかわからない)契約ユーザーへ還元するサービスに登録していると、この世界データ定額を「毎月1回目の24時間」は無料で使えます。
旅行の日程にもよりますが、よっぽど長い期間でなければ1日分の無料で割高感は相殺されるのではないでしょうか?

世界データ定額は、利用の手続きも簡単です。
台湾に行った時は、桃園空港へ着陸してiPhoneの電源を入れたところで、auからSMSが届きました。

f:id:hidea:20170313224109p:plain

これには海外で端末を使うときの注意点に続いて、世界データ定額のサービス開始へのリンクも送られてきます。
不要な人には余計なお世話かもしれませんが、使う気まんまんだった自分にはメモってあったリンクをたどるまでもなく手続きができて助かりました。

この後、3泊4日で帰るまでの間、24時間が経過するたびに通知が届いたので、そのリンクから継続手続きをしたのでした。

はじめに書いたようにSIMフリーな端末なら、もっと割安な選択もあるでしょうが自分のようにSIMロックが解除できない端末をそのまま海外旅行で使いたいという人なら「世界データ定額」はお勧めのサービスです。