mamememo - まめメモ -

豆知識な自分用のメモブログです。


スポンサーリンク

macOSのEvernoteで勝手に文字が変換されないようにする設定

ちょっとしたメモを取るときに「Evernote」を愛用しているのですが、連続したダブルコーテーション("")やハイフン(--)が勝手に別の文字に変換されてしまいます。

f:id:hidea:20170224141510p:plain

ダブルコーテーションの場合は左右で対になる引用符(“”)、ハイフンの場合は(ー)に変換されてしまい、ただのメモの場合にはそれほど気にならないのですが、コマンドラインコマンドやスクリプト、プログラムのコードを切り貼りした時にこれがおこると、無効なテキストになってしまっていました。

実はこの問題、macOSの設定から変更することが出来ます。

f:id:hidea:20170224141537p:plain

「システム詳細設定」「キーボード」「ユーザー辞書」を開いて下さい。

f:id:hidea:20170224141553p:plain

「スマート引用符とスマートダッシュを使用」という項目にチェックが入っていると思いますので、これをクリックして外して下さい。

これで勝手に文字列が変換されることは無くなるはずです。

f:id:hidea:20170224141610p:plain

いままで気づきませんでしたが、macOSの設定にあるということは他のアプリでも勝手に変換されることがあったのでしょうか。全然気づきませんでした。

そして、てっきりEvernote側の問題かと思って設定を調べても見当たらず、長い間諦めていたのですがmacOS側とは盲点でした。

他のメモアプリへの移行も考えていたので、これですっきりEvernoteを使い続けることが出来そうです。